2018年05月25日

富士スピードウェイ走行会

2018.5.17(Thu)

『ジャパンレーシング・富士スピードウェイ走行会』に参加してきた。富士の本コースは以前にZZR1200で2回走ったが、今のZX-6Rでは初めて。ZZR1200ではメインストレートで260km/h出たが、ZX-6Rではどんなものか。

さて、今回の走行会は、4輪と2輪と交代で走るという珍しいスタイル。そこで、友人の86乗り「ふみか」さんを誘ってみた(^^)。(隣の白いTOYOTA 86、名前は「ハッチー」)
IMG_0261.jpg

1016-2892702_smartphone.jpg
1016-2893038_smartphone.jpg

4輪の人たちは86/BRZやポルシェが結構多い印象だったが、中にはフェラーリやFORD GTとかLOTUS EVORAとか(笑)、普段あまり見かけない・・・というか本気で走るところなんか見たことないような(SuperGTとかレースは別)クルマの走りが見られたのが面白かった。

さて、肝心のZX-6R、やはり排気量636ccだと、200km/h以降の伸びがない。


そして、相変わらず「滑りそうで怖い」病が治らないので抜かれまくり(^^;;


タイヤの減りはこんな程度。溶け方がぜんぜん足りていない。これ見ただけでもヌルい走りがバレる(^^;
IMG_0270(1).jpg

30分x2本とはいっても、やっぱり疲れた。でもエンジンをあんなに回したのは初めてだし、満足感は高い(^o^)。

走行会後、すぐ近くの道の駅「ふじおやま」で食事。窓からの夕焼け富士がキレイだった(^^)。
IMG_0274.jpg
posted by pattayan at 00:26| Comment(1) | 日記

2018年05月13日

メンテ用スタンド買った

今のZX-6Rにはセンタースタンドはないので、雨天走行後のチェーンのメンテなどのために、やっと?ローラースタンドを買った(^^;。事前にいろいろネットで調べて、やはり安心のJ-TRIPに決めていた。

フックボルトは全体のバランスを考えて赤(笑)。実は、この金属的な赤はフロントサスの調整部分(ハンドルのところ)の赤と同じなので、それとの統一感を狙った。
IMG_0254.jpg
IMG_0255.jpg
最初、左側のネジが奥まで入らないので焦ったが、ねじ穴に若干の錆か汚れかがあったようで、CRC5-56をちょっと吹いてネジを少しずつ回したり戻したりしていたらちゃんと奥まで入って安心。最後に六角レンチでしっかり締める。

スタンドを立てるときにフロントブレーキを握っておく必要があるので、(一人でスタンド立てるために)こういう道具を使う。
IMG_0256.jpg

フックを引っかける「V受け」を本体に取付けるとき、向きがわからなくて、J-TRIPの公式ムービーで確認。V字の長い方が奥側(エンジン側)ね。あとはバイクに付けたフックボルトに合せて幅の調整。この時、サイドスタンドで立てているバイクは傾いているので、ローラースタンドも斜めにしながら位置合わせ。これがちょっとやりにくい。
IMG_0257.jpg
IMG_0258.jpg

あとはやはり、J-TRIPの公式ムービーでやり方を再確認して、スタンドを立てる。ローラースタンドを足で踏んでも結構重いので、シート下に手を入れてちょっと持ち上げながら踏むと、スタッと持ち上がる。なるほどこれは、センタースタンドの立て方と要領は同じだ。
IMG_0259.jpg

スタンドの外し方も公式ムービーで確認するが、さらっとやってしまっていてよくわからず、何度もムービーを見てしまった。フロントブレーキを緩めて(あの道具を外す)、ハンドルを左に切り、ムービーのようにバイクを前に動かそうとすると、ローラースタンドも一緒に転がり出す。地面に当たっている金属部分が擦れる音がする(>_<)。

結局、ローラースタンドのローラー部分を右足で踏み押さえながら、フロントブレーキを軽く握りつつ、前にやると、パタンと外れた。バイクを前に動かすときに、一瞬後ろにぐいっとやってからその反動で前に進むとラク。これもセンタースタンドを外すときの方法と同じ。なるほど。
ちなみに、ローラースタンドの持ち上げる部分をあらかじめ(外れない程度に)ちょっと浮かして、その下に何か挟んでおけば、より外しやすくなる。

とりあえず、ローラースタンドを立てる&外すがわかったので、もう一度立てて、後輪を回しながらチェーンルーブ(オイル)を挿していく。やっぱりこれは早くてラク。
ローラースタンド、もっと早く買っておけばよかったか(^^;。
posted by pattayan at 23:24| Comment(0) | 日記

2018年05月01日

2018 MFJ SUPERBIKE Rd.1 in Motegi

2018.4.7(SAT) - 4.8(SUN)

今年も全日本選手権(MFJ SUPERBIKE)のシーズンが始まり、近いサーキットは観戦予定。
さて、今回はRound1のツインリンクもてぎ。通常、全日本の観戦は日曜の決勝日しか行かないのだが、前年にツーリングがてら予選日に行ったら結構楽しかったので、今年はホテル1泊でしっかり予選日から参加(笑)。

しかも、今回はグリッドウォークの追加チケットも購入。昔、4輪のレース(SuperGT)でグリッドに何度か入ったことがあるが、これから決勝レースが始まるという緊張感は特別で、コース上に止まっているクルマ、ドライバー、レースクイーン(笑)を撮った写真のホンモノ感(^^)。PitWalkで撮るのとは、やっぱり全然違う。

IMG_0160.jpg
グリッドのプレート(13番のやつ)を持つ役目をやった小さい女のコが、ご褒美にグッズを貰っている微笑ましい光景は今回で一番のベストショット。

これは、右の人物が元Kawasaki teamGreen選手の柳川さん。今はここのコーチらしい。
IMG_0165.jpg

静夏ちゃん(J-GP3の岡崎静夏選手)は、スタート時の様子でバイクになにかトラブルを抱えていた様子。実際にレースは途中でリタイヤとなってしまった。
IMG_0184(1).jpg

KawasakiのファンクラブKAZEの会員はホスピタリティのテントでコーヒーが無料で飲めた(笑)。今までこういうの無かったので、KAZE会員としては嬉しい(^^)。
IMG_0175.jpg

パドックで「ふっかちゃん」に遭遇。せっかくだからと写真を撮ろうと寄っていったら、バッチリポーズを決めてくれた(笑)。
IMG_0186(1).jpg

なんで、埼玉県深谷市のご当地キャラが?と思ったけど、ある選手の応援に来たらしい。
IMG_0196.jpg

そのほか、PitWalkなどの写真はこちら。クリックでページがめくれます。(44photos)
2018 MFJ SUPERBIKE Rd.1

今回、JSB1000は決勝が2回行われ、RACE-2では、Kawasaki teamGreenの渡辺一馬選手が3位表彰台。レース後には緊急トークショー開催。
IMG_0219.jpg

【おまけ】
予選日の最後に、自分のバイクでサーキットをゆっくり一周できる『サーキットパレード』というイベントに参加。その時の様子はこちら。カメラの向きがもうちょっと下なら良かった(^^;。

posted by pattayan at 00:12| Comment(0) | 日記