2016年08月28日

自己負担でも面倒な手続きが

2016.5.16

救急搬送された大学病院へ。
支払いをしたいだけだが、そもそも交通事故で支払い保留になっているものを通常の健康保険での支払いにするには何をどうすればいいかさっぱり(?_?)。

とりあえず総合案内で訊いてみると総合受付窓口でたぶんいい・・・みたいな微妙な回答^^;。こういう事ってあまりないのか?
総合受付で「昨日交通事故で救急搬送されたが、自己負担で普通の健康保険で支払いしたいので」と昨日もらった請求書を見せて説明すると

「交通事故で保険支払いの場合は保険会社に確認が必要」

という。ん?保険会社から100%自己負担だと聞いたんだが・・・。はて?

話が噛み合わないのでいろいろ質問していてやっと意味がわかった。受付が言う保険会社とは「健康保険」の組織のことで、会社員だったら、○○健康保険組合とかそういうやつ。

私の場合は、国民健康保険なのでどうなるのかと思ったら、保険証の裏に書いてある、区役所の国民健康保険資格係の許可が必要とのこと。許可ってどうとるのか?と尋ねると、単に電話で説明して担当者のOKが貰えればいいらしい。担当者の名前だけは(あとで確認がとれるように)訊いておくように言われた。

一旦玄関から出て、保険証に書かれた番号へ電話。担当者に一通り説明をすると、特に面倒なこともなくOKが出た。

また総合受付へ戻ったら、さっきの受付の人が居ない。えー交代時間になっちゃったのか?
仕方なく別の人にまた最初から説明して、国保の許可も出たと担当者の名前と共に伝える。
やっと受付してもらえてほっとしたらすぐ呼ばれる。え?何?まだなんかあるの?

「ここでは処理できないので、急患窓口へ行ってください」

昨日、担ぎ込まれた入り口にある窓口へ行けという事。急患入り口はここから直接行けず、一旦外へ出て階段を降りなければならない。もうー、ケガで脚が痛いのにあんまり歩かせないで〜(T_T)と思いながら、頑張って階段を降りて急患窓口へ。

「昨日交通事故で救急搬送されて、支払いが自己負担で決まったので、自分の健康保険での支払いに切り替えたいんだけど、総合受付でここへ来るように言われてー。国保の担当者にも許可も取りましたーー」

ああ〜、今日は何度もこんな事ををあちこちで言ってるわ、めんどくさ〜(>_<)。

こちらの受付は私のような患者も多いだろうから要領を得ていて、PCにパチパチ打ち込んで、

「手続きが済んだので、これを持って会計の窓口へ行ってください」

と言いながら、なにやら数字の書かれた付箋紙を渡される。会計窓口って・・・さっきの上の階かあああああ(>_<)。

また外へ出て痛い脚で階段を上がって会計窓口へ。さすがに会計では細かい説明は要らないだろうと「保険適用に切り替えたので」とだけ言って、付箋紙を見せる。

さて、実際いくら支払いになるんだろう。請求が7万円だから保険適用で3割負担だから21,000円?

会計に呼ばれたら金額は1万ちょっと。あれそうなの?安くてよかったけど。
そういえば請求書に200%計算とか書いてあった。なぜそうなのかよく分からないけどそういうものなのか。

よかったよかったと帰る準備をしてたらふと思い出す。あ!診断書貰わないと・・・。
いま支払いした窓口に言うと、

「それでしたら、救急搬送の窓口で言ってください」

との言われる。
ええー、また階段で降りるのぉ〜(>_<)。←もうすでにコント(笑)

再び救急搬送窓口で、診断書を希望すると、2、3週間かかるとのこと。そんなにかかるのか。
取りに来る時は仕事を半休とかしないとダメじゃん。とか思ったら郵送もできるという。ああ、なら郵送で・・・と言うと、

「切手が必要なので買ってきてください。切手は出口出て向かいにあるコンビニで買えますから」

ああ、また歩かされる〜(>_<)。

コンビニで切手を買って戻ると、自分宛の封筒を書かされる。指もケガしてるから字が書きにくいんだけど。
なんとか書いて、これでやっと終わりかと思ったら

「では診断書代の支払いを会計窓口で」

ええー、また階段あがるのですかっ(>_<)。
これが、交通事故で怪我した人間への仕打ちですかっ(笑)。←もう笑うしかない

【今回のポイント】
・交通事故で自己負担が決まって、自分の健康保険を適用するには、その健康保険に許可を貰う必要がある。
・ただし、許可の手続きは電話で済むレベル。その担当者の名前をメモするのを忘れないこと。


あーやっと終わった〜。もう午後3時だわ。さすがにお腹が空いた〜、なんか食べよう(^^)。
そして、今日やることの最後はバイク屋だ。いったい修理にいくらくらい掛かるんだろう?
posted by pattayan at 00:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: