2016年05月09日

ふともも写真

2016.5.8 Sun.
今、話題?の『ふともも写真の世界展』見てきた(^^)。会場は「浅草橋・TODAYS GALLERY STUDIO」。浅草橋西口から蔵前通りのちょっと手前まで行ったあたり。

image.jpeg

実は昨日も会場までバイクで来たのだが、外まで入場待ちが居て断念^^;
一応周辺をまわって、日曜無料チケットパーキングの位置や、ここならジャマにならずにバイクを置けそうな場所をいくつかチェックしておいたが、チケットパーキングは既にクルマいっぱい(^^; 仕方なくとある場所にそっと駐車(笑)。昨日いろいろチェックしておいて正解だった。

昨日は一番人があつまりそうな時間帯だったので、今日は昼前に着くように出発(もっと早く出るつもりだったが寝坊)。外に列はなかったので空いてるかと思ったら、やっぱりもう入場制限だった。5階の会場までの階段の2階部分まで並んでいたが、この程度なら待てそうだ。

内容が内容だけに、アヤシイ客層が多いじゃないかと心配したが(笑)、驚くほどに普通な若者が多い。カップルもいるが、女性だけのグループもけっこういる。私の前にいた女性二人組は「タムロンのレンズが…」とか会話している。なるほどカメラ女子か。あちこちの会話を聞いていると学校の写真部で来ている人たちなんかもいる。ふーん、世の中もだいぶ進んだな(笑)。

会場入り口前に「ももみくじ」というものが置いてあって、ネタでつい100円を投入(笑)。そこで広げるのはなんか恥ずかしいのでそのまま財布に^^;

入場料500円。中はそんなに広くはないが、もうとにかく、ふとももだらけ(*^^)。
image.jpeg
image.jpeg

なぜかエロチックだが、撮影したのは女性カメラマン(らしい)。よくこれだけ「良いカット」を撮ったものだ。ただ、ふとももを撮影しただけではこうはならないだろう。これはカメラマンのセンスの良さだな。
『ヌードはエロかアートか?』みたいな永遠の論争があるが、下着すら見えないこれはいったい何なのか。ふとももはアートなのか!(笑)。

天井までふともも写真が張り巡らされている小さな部屋はもう圧巻。というかもう、おなかいっぱい(笑)。
いろんなシチュエーションで撮ってはいるが、結局狙いは一緒だし、そもそも素材が「ふともも」だけでは狭すぎる。話題性は抜群だが、これ以上、写真としては展開しようがない気がする。

なお、この写真展は撮影者の好意で、撮影自由だった。写真はもう少し撮ったが、全部ここに載せるとこのブログがエロサイトっぽく見えちゃうので(苦笑)やめておこう。


さて、せっかくバイクで来て、このまま帰るのはもったいない(^^)。
といっても今から房総半島でもないし、たまには都心を走ろう。
…ということで、思いつきで走りつつ四ッ谷あたりから皇居周辺、銀座を抜けて晴海通りで東雲のライコランドへ。

隣のスーパーオートバックスの駐車場では珍しいクルマを発見。
image.jpeg

ライコランドではウェアやブーツのサイズ確認^^;
ライコの入り口では、以前にミラーを拭いてくれた洗浄ワックス『FW1』のブースが出ていた。これは以前、私のバイクのミラーを拭いてくれたあと、雨降られたりしてもう二ヶ月くらい経っているのにまだキレイだったので「これはいい」と買おうと探していたもの。お店には直接卸していないらしい。
せっかくなのでマイクロファイバーのクロスとセットで購入。3200円。
image.jpeg

【本日の走行】
R14→浅草橋→神保町→九段下→市ヶ谷→四ッ谷→新宿通り(R20)→日比谷→銀座→築地→勝どき橋→晴海通り→豊洲→ライコランド東雲、有明→お台場→東京ゲートブリッジ→R357→環七
60km。
posted by pattayan at 23:26| Comment(0) | 日記